FC2ブログ

プロフィール

コルセ

Author:コルセ
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:小説
ママさんは15番の男性に
「乳房を可愛がってください」
と毛ブラシを渡しました。男性は乳房をその毛ブラシでゆっくり丁寧になでました。
琴音さんは泣き声のような声を上げます。
男性は思わず手で乳房を触ろうとしましたが、それはアシスタントの方に止められました。

琴音さんが床に降ろされました。
すべての縄がほどかれると琴音さんは放心状態になっているようでした。

しばらくの休憩の後、琴音さんにまた縄が掛けられ始めました。
今度は亀甲縛りというものです。股縄の部分の食い込みが激しいのがよく見えます。
真紅のショーツに黒いしみがついているのも見えます。
腕は両手を後ろで合わせるように、肘と手首が縛られました。
手首の部分に縄が付けられ天井の金具に通されます。
その縄を引っ張ると手首を上にしてお辞儀をしたような体勢になりました。

ママさんが乳首を撫でます。
「ううん・・」と琴音さんが答えます。
ママさんがまた乳首を撫でます。そうするとまた琴音さんが
「ううん・・・」と答えます。それが何回か続いた後ママさんは琴音さんの乳首を引っ張りました。
「う~ん!いたあい!」
琴音さんの乳首が伸びます。琴音さんは痛がっていました。

「そろそろこの子は終わりね。今日は特別に椅子に座らせてあげるわ」
ママさんはそういうとアシスタントに椅子を持ってこらせました。
肘かけ付きの4本足の木製椅子です。
ママさんは琴音さんを座らせると、肘かけに手を置き縄で縛り付けました。
背もたれに背中を持たれ掛けさせると、胸縄のようにまた縛りました。
椅子は少々高めにできており、足が床につかないようになります。
ぶらぶらしていた琴音さんの足首を椅子の足に縛るのでした。
青い首輪を少し引っ張るとそこに縄を通し、椅子に縄を縛り付けます。
琴音さんは全く身動きできないようになってしまったのでした。

そうしているうちに先程通路に置いてあった檻が、台車に乗せられて店内に運ばれてきました。
「さあみなさん。奴隷アキの登場です。大きな拍手をお願いします」
アシスタントがそう言うと店内に大きな拍手が起こりました。
檻の前に衣装ケースが5つ並べられ、ふたが開けられました。
お客さんからのプレゼントです。この間は4つでしたから一つ分増えたようでした。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 SM?フェチ?何だ? all rights reserved.Powered by FC2ブログ